シャトーの歴史

受け継がれる心

Cantenac Brown - Notre histoire 01Cantenac Brown - Notre histoire 02Cantenac Brown - Notre histoire 03

19世紀初頭、ジョン=ルイス・ブラウンは同ドメーヌの所有権を取得し、自らの故郷スコットランドを彷彿とさせるチューダー様式の城館を建設します。
メドックにおいてとりわけ異彩を放つこの建造物は、広大なイギリス式庭園内にたたずみます。

著名な動物画家でありグラン・ヴァン愛好家でもあったジョン=ルイス・ブラウンは、数々の華やかなパーティーをこの城館にて催しましたが、1843年には銀行家グロマール氏に所有権が譲渡されています。

1855年の格付では、同シャトーのワインの品質の高さが評価され、第3級格付グラン・クリュに定められています。

それから150年後、サイモン・ハラビ家がイギリス文化の雰囲気に包まれた同ドメーヌの所有権を取得し、

一層の品質向上を目指したワイン造りを推し進めています。
シャトー・カントナック・ブラウンの運営指揮は、ジョゼ・サンファンに委ねられ、土壌およびブドウ樹、ならびにシャトーを取り巻く自然環境を重んじる基本理念のもと、秀逸テロワールの魅力を最大限に引き出す努力が重ねられています。卓越した品質のワイン造りを目指し、蔵内では緻密な育成作業が行なわれ、そこでも前述の理念が活かされています。